最新画像一覧   /    おもしろブログが満載! シャッフル ブログ  /     無料登録  
容量2GB!アクセス解析&動画ファイルも可能な無料ブログ。アフィリエイト完全対応。

オクターブ

  1. 2010/03/16(火) 14:36:04|
  2. 未分類|
  3. トラックバック:0|
  4. コメント:0


音楽では、オクターブ(再生())1つの音楽のピッチとの間の間隔です - インフォに役立つ別の半分、または、その周波数の2倍。オクターブの関係"ほとんどの音楽システムに共通する音楽の"基本的な奇跡とも呼ばれている自然現象は、"使用するのです。"[1]との間の間隔として高調波シリーズから派生した可能性があります最初と2番目の高調波。
オクターブ時折に音叉と呼ばれる[2]。
示さ注記上記のオクターブあるし、8vbオクターブ8va省略されます。それは完璧な間隔であることを強調するために、1オクターブも8番手に指定され、他の最適な間隔で、ユニゾン、4番目の、完璧なまでに5番目の完璧な、およびP5のPU、P4の指定されます。
理論


の例では、オクターブ、G4のG5にから
たとえば、1つのノート400 Hzのは、ノートでは、その上に1オクターブの周波数が800 Hzでは、ノートでは、以下のオクターブは200 Hzでいます。 2つのノートを離れてその2:1オクターブの周波数の比率。注記の一層のオクターブで発生することが2n回は、注記の周波数(ここで、nは整数)、8、16、2、4などとして、さ等及びそのシリーズの逆数。彼ら(または2 -1)と4(または22)倍の周波数は、それぞれスしている例については、50 Hzおよび400 Hzの1、100 Hzから2オクターブの距離です。しかし、300 Hzの全体数を100 Hz以上のオクターブにもかかわらず、されていないされて100 Hzの高調波。


"トゥインクルトゥインクルリトルスター"メロディー4オクターブで2倍:子音と同等。再生() - 情報ヘルプ
ユニゾンの後、オクターブの音楽には、単純な間隔です。人間の耳の両方としてノートを聞く傾向にある本質的に""は、密接に関連する高調波のために同じである。この理由については、1オクターブ離れて楽譜の西側のシステムで同じ音名に注意上記のオクターブの名前もA.これは、等価ことを前提として球1つまたは複数のオクターブ離れてオクターブと呼ばれて与えられているノート音楽的に多くの方法で"とし、スケールを一意にオクターブ"[3内の間隔を指定することによって定義されて等価です。]これに似ている相当し、以下のように相当転置と、以下のはまだ相当inversional、後者である異名同音一般的に対位法だけで、音楽の集合論、または無調の理論を使用します。 2つの寸法、ピッチの高さ(絶対的な周波数)とピッチのクラスには、オクターブ)、本質的にオクターブの循環が含ま以内(相対的な位置を持つものとしてピッチの概念[3]したがって、すべてのC♯s、またはすべて1(場合は、C = 0)、内の任意の1オクターブと同じピッチクラスの一部です。オクターブ等価最も""音楽文化の最先端の一部ですが、はるかに普遍的に"プリミティブ"と早期の音楽[4] [5からです]


"トゥインクルトゥインクルリトルスター"メロディー5分の4で2倍に:非常には同等ではない子音。再生() - 情報ヘルプ
サルオクターブ、およびその生物学的同等性の経験は明らかに哺乳類の脳[6]や自己等価オクターブ組織神経回路網投手ノートへの暴露を介してフォームのことができるの知覚の聴覚視床のニューロンのオクターブのマッピングは、どの家庭教師もない、これはこれらのノート[7]の音響構造から派生されます。研究もの認識を示しているラットの等価性(ブラックウェル&Schlosberg、1943)、オクターブ、人間の乳幼児(Demany&アルマンド、1984年)[8]、ミュージシャン(アレン、1967年)ではなく、ムクドリ(Cynx、1993)、4 - 9歳の子供(軍曹、1983)、またはnonmusicians(アレン、1967)[3]。


"トゥインクルトゥインクルリトルスター"メロディー秒で2倍に:どちらの子音も相当する。再生() - 情報ヘルプ
一方オクターブ一般的には完璧なオクターブ(8番手)を参照して、音楽理論的にはオクターブピッチクラス内の色変化を網羅した間隔は、G♮にĜ♯(13半音高い)拡張オクターブ(± 8さを意味する)、およびG Ĝ♭に(11半音高い)♮オクターブの低下(d8)です。このような間隔での使用はまれですが、などが頻繁に、より望ましい異名同音の表記可能ですが、オクターブのこれらのカテゴリの役割とオクターブの意味のいずれかを完全に理解のより一般的な音楽に認められる必要がありま

<<  キーオブライフの歌   |  ホーム  |  クラシックアルバム   >>

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURLはこちら
http://oiexss8.dtiblog.com/tb.php/81-1de7ba8c

DTIブログって?